icon

東商の被災地復興支援活動

東商の被災地復興支援活動

東京商工会議所は、2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて、被災地の復興支援に取り組んでいます。

被災地支援活動

震災・復旧に関する支援情報

東日本大震災の発生以降、国や都、各区による中小企業向けの支援情報をまとめています。

被災地への継続的支援のお願い

東京商工会議所ではいまだ風評被害等に苦しむ被災地への「継続的な支援」を呼び掛けています。
企業の皆様にもぜひ引き続きの支援へのご協力をお願いいたします。

<企業ができること(例)>
 ・観光…社員旅行・視察で被災地に行く、社内報奨で被災地のツアー・宿泊券を利用する など
 ・物産…社員食堂で被災地の食材を利用する、社内行事の景品・贈答品で被災地の物産を使用する など

復旧・復興に向けた要望活動

東日本大震災の発生を受け、三村会頭をはじめ被災地へ足を運び、被災地の事業者からの生の声をもとに、復旧・復興や被災事業者の事業再開にむけた要望をとりまとめました。政府への各種要望のほか、関係閣僚等との懇談によって、政府補正予算の成立や中小企業の活性化などの対策が講じられました。

義援金の募集

会員企業1,289社より義援金を募集し、総額1億3,299万円を日本商工会議所を通じて被災地商工会議所に送金しました。被災者支援に必要な費用、商工会議所の復旧、再建に必要な費用に充当されます。
また、上記とは別に東商女性会として義援金1,046万円(167社)、関東商工会議所女性会連合会として200万円を被災地会議所の女性会に寄贈。その他、チャリティ事業などで義援金を送付しました。