icon

東商新聞

東商新聞
東商新聞 News&Opinions

東京商工会議所の会員企業に毎月1回(原則20日発行)機関紙「東商新聞 News & Opinions」をお届けしています。

東商新聞 2022年7月15日号 Pick Up

220715_001面

1.東商夏期セミナー 3年ぶりに開催

東商は7月1日、「東商夏期セミナー」を開催し、会頭、副会頭、特別顧問、議員、支部会長、女性会・青年部正副会長ら132人が参加しました。2020年度以降コロナ禍の影響で開催を見送っており、3年ぶりの実施となりました。


220715_5面

5.東商けいきょう(2022年4-6月結果)

東商では、東京23区全体の中小企業の景況感を把握することを目的に、四半期に1度調査を実施しています。今回の調査結果では、実況DIは想定を上回る改善が見られ、2018年以来の一桁台となりました。

220715_12面

12.渋沢栄一が設立に関わった企業のDNAを探る

東商初代会頭の渋沢栄一は、当時500を超える企業、600を超える団体の設立に関わりました。「民の力を強くしなければ、世の中の繁栄はない」「公益と私益の両立」といった渋沢の「意志」は現代でも脈々と受け継がれています。その意志をつなぎ現在も活躍する企業の取り組みや想いをご紹介します。


1.政策・事業   東商夏期セミナー 3年ぶりに開催
2.政策・事業   三村会頭 城南ブロックを視察、支部会長らと懇談 ほか
3.政策・事業   2023年新卒者の採用・インターンシップに関する調査 ほか
4.議員選挙    1号議員選挙 投票までの流れ
5.経済データ   東商けいきょう
6.全面広告
7.ビジネス+   新連載 知らなかったじゃ済まされない!?電帳法と経理DX ほか
8.研修・セミナー 東商の研修講座
9.全面広告
10・11.新製品   BizDane!
12.特集      渋沢栄一が設立に関わった企業のDNAを探る


東商新聞概要

名  称
東京商工会議所 機関紙【東商新聞】
発  行
毎月(原則20日)
創  刊
1955年(昭和30年)7月
判  型
タブロイド判(通常16頁)
発行部数
約80,000部(通常号)
基本構成
  • 東京商工会議所の活動情報・事業サービス紹介
  • 会員向け案内・通知
  • 経営関連情報・コラム
  • 会員企業の新製品・サービス情報   ほか
読者層
東京商工会議所会員企業・団体

広告掲載など