民法の見直し


2017年5月26日、120年ぶりの大改正となる民法(債権関係)の改正法案が国会で可決・成立し、2020年4月1日に施行されることが決まっています。商法(運送・海商関係)も2018年5月18日に可決・成立し、2019年に施行される見通しです。民法・商法は商取引の基本的なルールであり、中小企業にとっても、契約書、リスク管理や業務手順などに影響が出る可能性があります。

東京商工会議所では会員企業の実務の視点から、法務省の法制審議会において意見を述べたり、意見書を提出したりするなどし、改正法に多数反映されております。現在は、法務対応力に限りがある中小企業への支援、周知、啓発に力を入れております。

 ※ セミナー情報はこちら ⇒ 東商イベントカレンダー

<民法改正>

ニュースリリース

商工会議所の意見

発行物一覧

・120年ぶり民法(債権法)改正の主なポイント(2017年5月)
・民法(債権関係)改正普及・啓発パンフレット「民法改正 取引はどうなる?」(2017年10月)
・「知財・法務・税制通信(メールマガジン)」 ※ご登録フォームにアクセスします。

各省庁などの情報

<商法改正>