相談 アイコン画像
経営相談(東商ビジネスサポートデスク)

ISO取得支援サービス

ISO取得支援サービス

中堅・中小企業のためのISO認証取得/規格改訂対応支援サービスについて

 近年、大企業が、サプライチェーン・マネジメントの一環として、中小企業と取引や契約を行う際に、ISO9001(品質)やISO14001(環境)などのマネジメントシステムの認証取得を要請するケースが増えています。しかし、取引先の要請によるISO認証取得自体が目的化してしまい、登録証の取得が単なるコストとなってしまうのはもったいないことです。ISO9001、ISO14001の主旨は、品質や環境という軸から改めて経営を見直し、経営の効率化を図るとともに、自社の信用力を高め、国際化へも対応していくことなのです。

  

 また、ISO9001(2008年版)、ISO14001(2004年版)は、ともに2015年9月に大きな改訂が行われています。既に登録しているISO9001、ISO14001の認証を継続させたい企業は、2018年9月(2015年9月の改訂版発行から3年以内)までに移行審査を受け、2015年版への移行を完了させなければなりません。

  

 そこで、東京商工会議所では、会員企業のISO9001、ISO14001の認証取得、また、2015年版規格改訂対応をサポートする個別コンサルティングサービスをご用意しています。貴社の経営改善の推進、競争力の向上に向け、東京商工会議所のISO認証取得/規格改訂対応支援サービスを是非ご活用ください。

  

※本サービスは東京商工会議所会員のみがご利用いただける有料サービスです。原則的な料金は以下の「サービス内容のご案内」でご確認ください。

サービスの特長

  • ○ ISOの登録まで支援します。
  • ○ 小規模な企業の認証取得の支援実績があります。
  • ○ ツールの利用により構築の手間を削減できます。
  •   -モデル文書、モデル帳票、記入例
  • ○ コンサルタントを厳選しています。
  •   -主任審査員クラス、コンサル実績等で選定
  • ○ 内部監査員の養成が含まれています。
  • ○  2015年版規格改定に対応します。
  • ○ ご希望に応じて、統合マネジメントシステム(注)を構築します。
  •   

  (注)統合マネジメントシステムとは

   ・ISO14001とISO9001を統合したマネジメントシステムを効率的に構築・運用する会社が増えています。

   ・2つのマネジメントシステムに共通の内容を統合することで、構築・運用の手間を減らせます。

    -構築・運用の手間は25%減少、審査費用は10~20%減少の効果があるとも言われています。

サービス利用までの流れ

① お問い合わせ

  お電話にて、随時、受け付けております。

  以下お問い合わせ先まで、お気軽にお問い合わせください。

 

② サービス内容説明

  東京商工会議所の担当者とコンサルタントが貴社に伺い、貴社の業務内容・体制等を踏まえ、ISO認証取得/規格改訂までの

  ステップを具体的に説明いたします。(無料)

 

③ ご契約

  貴社⇔東京商工会議所間で、契約を締結します。

  ※助成金の申請等で必要な場合は、貴社⇔コンサルタント間の契約とすることも可能です。

 

④ コンサルティングスタート

  コンサルタントがコンサルティングを開始します。

  ※ISO認証取得までの平均的なスケジュールは、コンサルスタートから10~12ヶ月間を想定しています。

  ※2015年版移行までの平均的なスケジュールは、コンサルスタートから6~8ヶ月間を想定しています。

  

  

 

  

サービス内容のご案内

○ ISO9001認証支援サービスについては、 こちらをご覧ください。

○ ISO14001認証支援サービスについては、 こちらをご覧ください。

○ ISO14001/ISO9001 2015年版移行支援サービスの詳細については、 こちらをご覧ください。

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業相談センター03-3283-7700