健康経営アドバイザーとは

健康経営アドバイザーは、健康経営の必要性を伝え、実施へのきっかけを作る人材を育成するための研修プログラムです。経済産業省からの委託を受けて2016年に誕生し、これまでに延べ2万人以上が受講しています。

本研修は、日本が抱える構造的な課題など健康経営に注目が集まる背景、健康経営への取り組みがもたらすメリット、具体的に実践する際のポイントなどの基礎的な知識を分かりやすく学ぶことができることが特徴です。

2017年度からは、いつでもどこでも受講できる環境を整え、「e-learning」での提供をスタートしました。

2019年度からは、受講用テキストの内容を拡充するほか、認定期間を1年間から2年間に延ばします。詳しくは下記をご参照ください。
「健康経営アドバイザー研修」「健康経営エキスパートアドバイザー研修」のリニューアルについて

研修を修了し、効果測定にて一定の基準に達した方は、研修修了の証として「健康経営アドバイザー」として認定し、認定証を発行します。
認定期間は2年間で、健康経営についての新たな情報や考え方を盛り込みながら、2年毎に研修内容を充実・ブラッシュアップしていますので、更新研修としてもご活用ください。
※新規・更新ともに研修プログラムは同じです。

認定者向け

Q&A

受講規約


研修概要

(1)研修内容

 健康経営アドバイザーは、健康経営の必要性を伝え、実践へのきっかけを作る普及・推進者です。
 本研修では、健康経営が必要とされる背景、実践する際のポイントなどを学びます。

 ※新規受講・更新受講共に同一の内容となります。

(2)募集開始

 2019年7月17日(水)

(3)申込方法

 ウェブ受付
 ※申込リンクは、本ページ下部および「健康経営倶楽部」
  においてお知らせいたします。

(4)受講料金

 8,640円(税込、テキスト代、認定料含む)

 ※受講料金の決済方法はクレジットカードまたはコンビニ決済です。

(5)受講方法

 webが閲覧できるPC・タブレット・スマートフォンにてご受講頂けます。

 ※スマートフォン等のパケット通信料はお客様負担です。
  ご契約の料金プランにご注意のうえ、ご利用ください。

(6)認定

 1.本研修を受講し、効果測定が7割以上正答の方を認定します。
 2.認定者は、名刺に「健康経営アドバイザー」と記載できます。

(7)認定期間

 認定年月日より2年間 ※更新には研修の再受講が必要です。


 ※本研修の受講により、東京商工会議所から健康経営支援のために企業に派遣される専門家として
  登録されるわけではありません。
 ※「健康経営R」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です