東商の活動

東商の活動 イメージ画像

「ユニバーサルデザインと障害者差別解消法から考えるおもてなし」を開催しました

平成29年2月10日
東京商工会議所
地域振興部
講師の岸田ひろ実氏

講師の岸田ひろ実氏

会場の様子

会場の様子

 東京商工会議所は、2月10日、日本ユニバーサルマナー協会および株式会社ミライロ講師の岸田ひろ実氏を迎え、「ユニバーサルデザインと障害者差別解消法から考えるおもてなし」を開催し、113名が参加しました。

 本セミナーは、企業が2020年オリンピック・パラリンピック競技大会や高齢化の進展、外国人旅行者の急増等を見据えて、多様な方々が施設やサービスを利用できるように配慮した「ユニバーサルデザイン」の取り組みを、より一層推進する必要があることから開催いたしました。

 岸田氏はご自身の体験や経験など紹介し、「障害があったからこそ気づけたことがある」と述べ、障害を価値へと変える「バリアバリュー」の考え方の重要性についてお話されました。

 また、バリアフリー化や案内サインなどハード面の整備に加え、おもてなしの精神や応対時の配慮などソフト面の対応も不可欠であり、実際に障害者や高齢者、困っている方などに声掛けする際の注意点や、基本的な心構えについて紹介されました。

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
地域振興部
担当 小島・渡邊
TEL 3283-7658
FAX 3283-7633