政策提言・要望

政策提言・要望 イメージ画像

コロナ禍からの復活に向けた、東京の観光振興に関する重点要望について

2021年7月6日
東京商工会議所
地域振興部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、本日開催の第228回議員総会において、観光委員会(委員長:田川博己副会頭・JTB㈱相談役)がとりまとめた標記要望書を別紙の通り決議しましたので、お知らせします。

 三度にわたる緊急事態宣言により、都内観光関連産業は過去に経験のない甚大な影響を受けています。コロナ禍からの復活に向けた東京の観光振興においては、感染予防徹底ならびに迅速なワクチン接種による国民・事業者の不安払拭が不可欠であり、その上で将来に希望が持てる明確なロードマップを早急に示し、実行していくことが極めて重要です。

 本要望では、会員企業の声を踏まえ、ワクチン接種浸透による人流の再開を前提として、今後の東京の観光振興を3つの段階に分け、各フェーズでの実現に向け取り組むべき重点事項を整理しました。これらの取組みを通じて、観光都市・東京の国際競争力向上を目指すこととしております。

 今後、東京都をはじめ関係各方面に提出し、要望内容の実現に向けた働きかけを行ってまいります。

【意見項目(抜粋)】

【フェーズ1】域内需要回復に向けて重点的に取り組むべき事項
(1)ワクチン効果による社会経済活動の正常化
 ①「ワクチン証明書」等を活用した外食・宿泊・レジャー・交通の積極的な需要回復促進
 ②大規模イベント・学校行事開催の早期正常化

(2)安全・安心な受入環境整備および観光需要創出に向けた情報発信
 ①都内飲食店・小売店等で十分な感染対策を行う店舗の認証・情報発信
 ②都民を対象とした都内宿泊施設等の利用促進
 ③都内公共交通機関等における安全性・感染対策の情報発信

(3)文化・芸術拠点を核とした都内観光の促進
 ①都内の文化・芸術に関する施設訪問・イベント参加の促進
 ②都内文化・芸術施設における新しい日常への対応に向けた設備投資への助成

(4)東京の交流創造に向けた都内・首都圏観光団体の連携促進

【フェーズ2】段階的な往来再開に向けて重点的に取り組むべき事項
(1)国内外に向けた安全・安心な東京のシティプロモーション

(2)旅行消費拡大に向けた取組の推進
 ①Go Toキャンペーン等、国が推進する観光需要回復施策との連携
 ②安全・安心なナイトライフ充実に向けた環境整備
 ③新たなモビリティサービスの取組支援(日本版MaaSの普及促進)

(3)ビジネス需要取込みによる訪都旅行の促進
 ①ブレジャー・ワーケーションの推進
 ②新たな環境に適応したMICEの受入環境整備と誘致促進
 ③ユニークベニューのさらなる情報発信

(4)公共空間を活用した観光拠点整備・活用促進
 ①都立公園、都道の活用促進(民間活力による多面的活用、道路占有許可申請の簡素化)
 ②水辺を活用した観光拠点の整備(ウォーターフロント・舟運活性化に向けた環境整備)
 ③東京2020大会関連施設の観光への活用促進

【フェーズ3】インバウンドの回復に向けて重点的に取り組むべき事項
(1)地域の持続的発展に向けたレスポンシブル・ツーリズム(責任ある観光)の推進 
 ①旅行者と地域社会・住民との調和・理解の促進
 ②シビック・プライド(郷土愛)の醸成と観光人材の育成
 ③効果的で持続可能な観光地マネジメントの推進

(2)快適な訪都旅行の実現に向けた支援
 ①スマート・ツーリズム(デジタル活用)に対する支援
 ②ユニバーサル・ツーリズムの推進

(3)観光統計データの整備および地域における活用促進

(4)今後新たに発生する感染症・災害に備えた観光危機管理体制の強化

コロナ禍からの復活に向けた、東京の観光振興に関する重点要望(本文)

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
地域振興部
担当 小島・多田
TEL 03-3283-7658