東商の活動

東商の活動 イメージ画像

「大韓商工会議所との観光に関する懇談会」を開催しました

平成25年9月25日
東京商工会議所
地域振興部
参加者一同

参加者一同

 東京商工会議所 観光委員会(委員長=佐々木隆特別顧問・ジェイティービー会長)は、9月25日、大韓商工会議所との観光懇談会を開催し、東商から観光委員会の委員長・共同委員長はじめ19人、大韓商工会議所からは観光産業委員会正副委員長ら21人が参加しました。

 同懇談会は、両国商工会議所間で友好関係を築くとともに、観光交流の活性化方策などについて協議するもので、今回が初めての開催です。

 冒頭の挨拶の中で、佐々木委員長は、「隣国である大韓民国とは、今後も相互協力が必要不可欠だ。とりわけ民間ベースの交流は、両国にとってなによりも財産となる」と述べ、観光分野をはじめ、文化、産業などの相互理解が深まることに期待を示しました。

 これに対し、大韓商工会議所の智昌薰委員長は、昨今の日韓関係の悪化に伴い民間分野の交流協力が委縮していることは非常に残念とした上で、「私たち観光業界は、日韓両国が相互の発展のために優れたパートナーであることを再認識し、一緒にできる役割を探し実践することから始めていきたい」と述べました。

 両国の観光施策や観光産業の現状、交流促進策などについて説明を踏まえ、積極的に意見が交わされた後、両国商工会議所間における観光交流の活性化のために「観光交流宣言」が発表され、関係をより緊密にし、観光交流の一層の発展に努めることが確認されました。

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
地域振興部
担当 清水・渡邊