政策提言・要望

政策提言・要望 イメージ画像

「中小企業のイノベーション促進に向けた提言」について

2021年6月11日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、新事業・イノベーション創出委員会(委員長:垣内威彦副会頭・三菱商事㈱社長)において、標記提言を取りまとめましたので、お知らせします。
 コロナ禍を契機に社会全体の行動変容やデジタル化、技術進化が急速に加速しています。経営環境が大きく変化する中で、中小企業が生産性を向上し、持続的な成長・発展を実現するためにはイノベーション活動が不可欠です。中小企業がイノベーション創出の担い手となることで、コロナ禍からの日本経済の回復や様々な社会課題の解決、ひいては今後の日本経済の発展に繋がります。
 このような認識のもと東商では、3月11日に公開した「中小企業のイノベーション実態調査」や、イノベーションに取り組む中小企業経営者へのヒアリング結果などを踏まえ、イノベーションならびに成果創出に向けて、中小企業経営者が取り組むべきポイントや、国や東京都による必要な支援などをまとめました。併せて、東商で取り組んでいる様々な支援策(例:産学公連携相談窓口)についても周知を図るものです。
 本提言を通じて、中小企業におけるイノベーション活動の促進や、要望内容が国や東京都の中小企業施策に反映されるよう、強く働きかけていきます。

【提言のポイント】

Ⅰ.イノベーション創出に向けた「未来志向」経営(中小企業の実態や取り組みのポイント)
 中小企業がイノベーションを創出するためには、経営者の意識改革と、過去の実績にとられない「未来志向」の考え方が重要である。「未来志向」のもとで業界ポジションなど現状を分析し、未来の社会構造、市場環境を見据え、トライアンドエラーを繰り返しながら、イノベーションを創出していくことが重要。
 <主な提言項目(抜粋)>
 ●未来の社会構造、自社のありたい姿を見据えた「未来志向」の重要性
 ●イノベーション創出に向けた経営者の強い意志、変革スピードの重要性
 ●経営理念・ビジョン・中長期の明確な目標の浸透による社員の前向きな意識醸成、組織づくりの重要性
 ●「ビジネス知」と「デジタル知」の融合に向けた若手人材の活躍促進、事業承継を契機とした変革の重要性

Ⅱ.オープンイノベーションの促進と成果創出に向けて(中小企業の実態や取り組みのポイント)
 経営資源が限られる中小企業がイノベーションアイデアを実現するためには、外部の知識・アイデアや技術力などを活用する「オープンイノベーション」が重要。
 <主な提言項目(抜粋)>
 ●イノベーションの実現、成果創出に向け、オープンイノベーションが重要
 ●競争領域に経営資源を投入し、非競争領域では外部との連携を
 ●知財保護に向けた中小企業がとるべき知的財産戦略の構築

Ⅲ.イノベーション促進に向けた支援強化(国や東京都への要望)                                                  
 <主な要望項目(抜粋)>
 ●業界ポジション分析を含めた事前調査段階から事業化までの切れ目ない支援メニュー充実
 ●中小企業・小規模事業者の多様なアイデアを発掘するための「多段階選抜方式」の導入促進、
  不採択事業に対するフォロー体制の構築

Ⅳ.東京商工会議所の取り組み(抜粋)                                                 
 ●意識醸成に向けた好事例展開、支援施策の周知(「勇気ある挑戦+1」による事例の発信、補助施策セミナー等)
 ●成果創出に向けた経営支援(専門相談、人材育成、IT化支援 等)
 ●産学公連携によるオープンイノベーションに向けたマッチング支援(「産学公連携相談窓口」による支援)


《関連事業のご案内》  
 「業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち」著者によるオンライン講演会を開催します

 新事業・イノベーション創出委員会では、今回の提言をふまえ、以下の通りオンライン講演会を開催します。
 本講演会では、業界秩序や商習慣にとらわれることなく、斬新なビジネスモデルで成長を実現する「業界破壊企業」の事例を通じて、イノベーションのトレンドや、中小企業がイノベーションを創出するためのポイントを解説いたします。
※詳細は以下、イベントページをご参照ください。

【詳細・お申込みはこちらから】
 東商イベントページ:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107343.html

【開催概要】
 開催日:6月21日(月)15時30分~17時00分
 形 式:オンライン講演会(Zoomライブ配信)
 講 師:斉藤 徹 氏
     ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 教授
     株式会社ループス・コミュニケーションズ 代表取締役
 内 容:1.イノベーションの重要性
     2.業界破壊企業によるイノベーション創出の事例とパターン
     3.イノベーション創出のポイント(業界破壊企業から読み解く3つのエッセンス)
      ・業界破壊をリードするミレニアル世代の重要性
      ・新しい時代のビジネスの価値基準を知る
      ・小さな仮説検証を繰り返すリーンスタートアップの考え方
 参加費:無料(東商会員限定)

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 小森・小野寺・大山
TEL 03-3283-7724