品川支部

品川支部

東京商工会議所品川支部 会長挨拶

東京商工会議所 品川支部会長 大山 忠一

東京商工会議所品川支部は、昭和49年4月24日に設立されて以来、区内商工業の発展と地域の発展を目的に幅広い事業活動を展開しております。

品川区は、商業・工業の調和のとれたまちです。全国的にも指折りのにぎわいを誇る有名な商店街が存在し、商業が発達した地域でもあります。また、京浜工業地帯の発祥の地でもあり、電機・機械分野で高い技術力を誇る工業地帯として発展してまいりました。昨今では、東京の玄関となりうる交通の至便性を活かし、再開発事業によるオフィス群の整備が進んだ結果、ITやサービス関連企業が集積しております。

現在、日本経済は、穏やかな回復基調にあるものの、個人消費は依然として足踏み状態にあり、企業業績も格差がみられる等、二極化が進んでいると言えます。特に、地域経済の担い手である多くの中小企業においては、深刻化する人手不足や原価高騰に加え、生産性向上や事業承継、デジタル化等、多くの経営課題に直面し、厳しい経営環境が続いております。こうした状況をふまえ、品川支部では、区内企業の持続的な経営の安定を図るために、「政策要望活動」「経営支援事業」「会員交流事業」様々な事業を実施しております。

また、品川区内では「2020年東京オリンピック・パラリンピック」の開催も予定されており、地域発展のため、関係機関との連携を図り、機運醸成や増加する観光客受入のための活動も展開しております。

区内唯一の地域総合経済団体として区内商工業の発展、地域の発展に向け、努めてまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京商工会議所 品川支部
会長 武田 健三