ニュースリリース

ニュースリリース イメージ画像

10/12(木)開催「 民法改正で変わる契約のルール! (無料)」

平成29年9月6日
東京商工会議所
練馬支部

債権法の分野を中心に、民法が120年ぶりに大改正されました。消滅時効、保証制度、法定利率などの既存のルールが変更され、定型約款など新しいルールが取り入れられました。本改正は取引を行う全ての企業に影響します。今回は、民法改正の基本的な内容をご説明しますが、関連する契約の基本ルールに立ち返りながら、多岐にわたる改正内容のうち契約に大きく影響を与えると思われるポイントに絞り解説します。



内容(予定)

◆契約締結時に影響する改正(保証、定型約款)
◆契約締結後に影響する改正(消滅時効、法定利率、債務不履行による損害賠償、契約解除、売買・請負の担保責任)
◆その他(賃貸借) など

<こんな方におすすめです>
・民法改正の基本的なポイントを早く把握したい経営者の方
・民法改正に関連した契約の基本ルールも確認したい契約実務担当者の方

※専任の法務担当など契約実務に長けている方は、
 別途開催予定の東商研修センター講座をご検討ください。

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
練馬支部
TEL 03-3994-6521
FAX 03-3994-6589