新紙幣肖像画決定 受け継がれる渋沢栄一の精神新紙幣肖像画決定 受け継がれる渋沢栄一の精神

2024年を目途に発行される新一万円札の肖像画として採用されることになった渋沢栄一は、「民の繁栄が、国の繁栄につながる」という想いのもと、1878年に東京商工会議所を創立し、初代会頭を務めました。
「道徳経済合一説」をはじめとする渋沢栄一の教えは、現代に脈々と受け継がれ、多くの企業経営者がその理念を学んでいます。本サイトでは受け継がれる精神を紹介するとともに、セミナー等の記念事業をご案内してまいります。

2021年 NHK大河ドラマの主人公に決定