政策提言・要望

政策提言・要望 イメージ画像

東京都の中小企業対策に関する重点要望について

2018年7月27日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、本日開催した第210回議員総会において、中小企業委員会(委員長:大久保秀夫副会頭・フォーバル会長)が取りまとめた標記要望を決議しましたので、お知らせします。
 本要望は、わが国の持続可能な成長のためには生産性向上が不可欠であるという認識のもと、都内中小企業・小規模事業者の前向きな取り組みを支援すべく、ICT投資や設備投資の促進、創業から事業承継まで企業の成長ステージに適った支援、そしてビジネス環境の整備などに関する要望事項を取りまとめたものです。
 今後、要望内容が東京都の中小企業対策に反映されるよう、東京都ならびに東京都議会等に対し、強く働きかけていきます。具体的な項目は以下の通りです。

【当商工会議所の考える中小企業の抱える3つの課題】
○深刻な人手不足への対応  ○生産性向上   ○円滑な事業承継

【基本的な考え方】
都内中小・小規模事業者の前向きな取り組みを後押しし、わが国全体の生産性向上と持続可能な成長へ

Ⅰ.中小企業の生産性向上に向けた高付加価値化と効率化の取り組み支援
【具体的要望事項】(抜粋)
・ICT投資促進に向けた専門家による経営診断を通じたバリューチェーンや業務フロー可視化支援、
 コンサルティング支援の強化および国の制度でカバーされていないシステム導入に関する補助金の創設
・海外進出先での優秀な人材確保に向けた支援
・中小企業の働き方改革の後押し(TOKYO働き方改革宣言企業周知、テレワーク普及推進)

Ⅱ.成長ステージに合わせた支援の強化
【具体的要望事項】(抜粋)
・アントレプレナーシップのみならず「就業観」醸成の一助となる都立高校や大学における起業家教育の推進
・中小企業の海外販路開拓の後押し(海外展示会出展支援の強化、国際展開の第一歩に成り得る「越境EC」に対する支援)
・抜本的に拡充された事業承継税制の周知・利用促進(「特例承継計画」策定に関する支援)

Ⅲ.持続的な成長を実現するための環境整備
【具体的要望事項】(抜粋)
・公正な取引環境の実現に向けた対応の継続、業界毎の取引慣行見直しに関する取り組みの支援
・オープンイノベーションなど企業間や産学公連携の推進強化
・中小企業・小規模事業者のニーズや実態に即した運用(各種施策の単年度での予算措置見直し等)

以上

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 菅原、霜島、大山
TEL 03-3283-7724