支部会長挨拶

支部会長挨拶

東京商工会議所葛飾支部 会長挨拶

東京商工会議所 葛飾支部会長 富永新三郎

 東京商工会議所葛飾支部は、昭和49年7月30日に設立しました。設立当初は220の会員でしたが、地域の皆様に支えられ、今日では約2,700を超える会員を擁するまで拡大し、地域経済・社会において重要な役割を務めさせていただいております。  葛飾区は「夢と誇りあるふるさと葛飾」の実現を目指しておりますが、東京商工会議所葛飾支部も、経済界、産業界の立場から様々な活動を展開しております。





1.
組織基盤強化
 葛飾支部では、組織基盤をより強固なものにするために会員増強を活発に行っており、2018年度までで14期連続で支部内自主目標(120件)を達成しております。これもひとえに、役員、評議員、会員の皆様のご支援、ご協力の賜物であり、本年は15期連続の目標達成を目指してまいります。
 また、支部では、会員相互の交流を深めるために、「東商葛飾ゴルフ倶楽部」をはじめ「会員親睦旅行会」などの会員交流事業も活発に行っております。
 さらに、2017年度に若手経営者の自己研鑽や交流、親睦などを目的として、青年部「Youthかつしか」が発足されました。青年部には、若手経営者の皆様の英知を結集し、様々なアイディアを形にしていく活動を通じて、新たな発想で地域の活性化に貢献する取り組みを期待しております。

2.
経営改善普及事業を中心とした経営支援事業の推進
 無担保・無保証人・低利の国の融資制度であるマル経融資をはじめ、区の制度融資など、適切な資金調達方法のほか、区内事業者の販路開拓支援に資する助成金や補助金の活用など、経営に役立つタイムリーな情報の提供を積極的に推進してまいります。

3.
地域産業振興事業の展開
 葛飾区の産業を内外に情報発信し、区内産業の活性化を図るとともに、次代を担う児童・生徒に産業教育の場を提供するために、葛飾区と共同で「葛飾区産業フェア」を開催しております。また、葛飾ブランド「葛飾町工場物語」事業では、区内の優れた技術や製品を認定し、冊子等のPRグッズの作成や見本市等への出展支援のほか、認定者相互の交流会なども行っております。そのほかにも東京理科大学葛飾キャンパスと産学公連携強化に努め、交流も行っております。
東京商工会議所葛飾支部では、今後も区内産業団体の代表として地域に根ざした活動を積極的に推進し、魅力あるまちづくりに取り組んでまいります。
 つきましては、各事業所の成長を図り、さらにはわが町「葛飾」を盛り上げるために、皆様と一緒に活動してまいりますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京商工会議所 葛飾支部
会長 浅川 弘人