政策提言・要望

政策提言・要望 イメージ画像

「東京都の中小企業対策に関する重点要望」について

2021年6月10日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、本日開催した第227回議員総会・第737回常議員会において、中小企業委員会(委員長:大久保秀夫副会頭・(株)フォーバル会長)が取りまとめた標記要望を決議しましたので、お知らせします。
 新型コロナウイルス感染拡大によりわが国経済に大きな打撃と混乱が生じている中、中小企業では新製品・新サービスの開発や販路開拓など、業況回復に向けた新たな取り組みが進んでいます。
 本要望は、コロナ禍で苦しむ中小企業の事業継続を前提として、本質的な経営課題(ICT活用、慢性的な人手不足、事業承継など)の解決と抜本的な経営改善が必要との基本認識に立って取りまとめたものです。具体的には、事業継続・経営力強化に対する支援や、新たな挑戦を通じて成長・飛躍を目指す企業の後押し、さらには企業の成長ステージに応じた支援などを要望しています。
 今後、要望内容が東京都の中小企業対策に反映されるよう、東京都および東京都議会等に対し、強く働きかけてまいります。主な要望事項は以下の通りです。

【主な要望事項】

Ⅰ.事業継続を図る中小企業・小規模事業者の経営力強化に対する支援

・ICTツール導入・活用に向けた伴走型支援の継続
・社内のデジタル化推進の中核となる人材育成に対する支援、IT技術者とのマッチング支援
・取引適正化に向けた「パートナーシップ構築宣言」の強力な推進(各種補助金等への加点要素への追加等)
・新型コロナウイルス特例リスケジュールの積極的な活用に向けた周知強化、条件変更等柔軟な対応の要請

Ⅱ.新たな挑戦を通じて成長・飛躍を目指す中小企業の後押し

・新製品・新サービスの研究開発から商品化・事業化、販路開拓まで切れ目のない支援メニューの充実
・「イノベーションマップ」に基づく取り組みに対する支援強化
・越境ECに対する支援

Ⅲ.中小企業の成長ステージに応じた支援の強化

・創業間もない企業や、新型コロナウイルス感染拡大により開業を控えていた創業予定者に対する迅速な支援
・展示会・イベントの積極開催、オンライン展示会・商談会への出展に対する支援
・東京都において、東京信用保証協会に対して、準則型私的整理に基づく弁済計画に対する
 「経営者保証に関するガイドライン(保証債務の整理)」に基づく対応の要請

Ⅳ.世界に輝く都市の実現に向けた環境整備
(省エネ推進、都市整備、税制、観光振興等)

以上

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 菅原・植井・大山
TEL 03-3283-7724