東商けいきょう

東商けいきょう イメージ画像

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2015年4~6月期

2015年6月24日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2015年5月21日から6月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,424社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は878社(回答率36.2%)。

【 東京の景況は改善、堅調に推移~小売業・サービス業の業況改善が顕著。全業種で売上が改善~ 】

○「業況DI」(前年同期比)は、前期と比べ8.1ポイント改善し、▲0.7と調査開始以来の最高水準となった。前年同期は増税後の反動減があったこともあり、今回大幅な改善がみられた。業種別では、小売業は依然マイナス圏ながら、12.1ポイント改善し▲15.2となったほか、サービス業が11.4ポイント改善し5期振りにプラス圏に回復するなど、高水準を保つ建設業を除く全業種(製造・卸売・小売・サービス)で改善した。なお、来期の見通し(前年同期比)は、今期と比べ0.4ポイント増とほぼ横ばいを見込む。

○「売上DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ12.7ポイント改善し3.9と5期振りにプラス圏となり、全業種で改善が見られた。業種別では、訪日外国人客の増加などにより、小売業は20.2ポイント改善し▲11.4、サービス業でも14.8ポイント改善し11.2となった。来期の見通し(前年同期比・全業種)は、今期と比べ2.5ポイント改善し6.4を見込んでいる。

○「採算DI」(今期水準、「黒字」と回答した企業-「赤字」と回答した企業の割合・全業種)は、前期から3.5ポイント改善し19.1となった。円安による原材料価格上昇には引き続き苦しむものの、在庫圧縮やコスト削減などにより利益率の向上に取り組み、13期連続黒字超を維持した。業種別では、製造業が4.4ポイント改善し21.3となり、建設業を除く全業種(製造・卸売・小売・サービス)で改善した。

○「資金繰りDI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ6.5ポイント改善し▲2.5となった。「民間金融機関の貸出姿勢DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ3.5ポイント改善し4.9となった。

○「設備投資の動向」について、昨年度設備投資を行った企業は36.5%だった。また、今年度設備投資を行う予定とした企業は33.6%で、資本金規模別にみると、1,000万円超の企業で46.2%が今年度設備投資を行う予定とした。

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 菱川・河村・大矢
TEL 03-3283-7643