会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日銀の追加金融緩和策決定について

2001年8月14日
東京商工会議所

 日銀の決定を歓迎する。8月の政府の月例経済報告が景気認識を下方修正し、株価のバブル後最安値を記録するなど、景気は極めて厳しい局面を迎えている。いまは、限られた選択肢の中で、あらゆる手段を投入すべきである。しかし、補正予算の編成もなかなか具体化せず、証券市場活性化のための税制改革もいまは不透明なままである。このままでは、景気がさらに減速し、今後金融機関の不良債権処理が実行に移されれば、デフレ・スパイラルに陥る懸念を払拭できないだろう。何よりも、構造改革の実行を危うくするのが心配なので、総合的なデフレ回避策が急がれるが、その意味で、今回日銀がさらなる金融緩和に踏み切ったことで、市場に一種の安心感が広がるなど一定の効果が期待できる。今後の構造改革を成功に導くためにも、いま景気を支え、資金需要に応えうる体制を整備しておくのは必要不可欠の措置だ。

以上