会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日銀の新たな金融緩和措置について

2001年9月18日
東京商工会議所

 日銀の迅速な決定を歓迎する。米国で発生した不測の事態が世界経済に大きな打撃を与えることを回避するためには、主要各国の協調行動が不可欠である。日米欧が協調して金融緩和に踏み切ったのは、市場に対する強固なメッセージになるだろう。先行きは不透明であるだけに、引き続き為替や株式市場の安定に向けた継続的努力が必要である。
 国際環境の激変によって、世界経済に対するわが国の責任も一層明確に果たさなければならない事態となった。経済構造改革は成し遂げるべきだが、日本発の不況は何としてでも回避しなければならず、そのために当面は柔軟な政策スタンスをとり、思い切った補正予算の編成など、デフレ・スパイラルを防ぎ、景気浮揚を図る決意を明確に打ち出すべきである。このままではデフレ圧力が一層強まることが予想され、連鎖倒産や健全な中小企業をも苦境に陥れることになるので、金融面のセーフティーネットを直ちに発動できるよう、万全の準備をお願いしたい。

以上