東商けいきょう

東商けいきょう イメージ画像

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2017年10-12月期

2017年12月13日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2017年11月6日から11月15日まで、対象は東京23区の中小企業2,606社。調査はWEB、FAXおよび聴き取りで行い、回答数は846社(回答率32.4%)。今回は、付帯調査として「外国人旅行者の増加に伴う直接的・間接的影響について」を併せて実施しております。

【 東京の景況は改善、先行きも堅調な見通し。 】

                   ~活発な設備投資の影響を受けた製造業が大きく改善~



東商けいきょうの主なポイント(画像①②)

【業況DI】
○「業況DI」(前年同期比・全業種)は前期(7~9月期)と比べ、5.6ポイント改善の▲2.9となった。業種別では、製造業が活発な設備投資の影響等を受け13.9ポイント改善の▲1.0となった。また、卸売業は6.5ポイント改善の3.0となり、2012年4~6月期以来、5年6か月ぶりのプラスに転じるなど、好調な製造業の影響が窺える。一方で、全業種において人手不足を指摘する声も依然として多く、「受注機会を制限せざるを得ない」「受注ロスを懸念している」との声が多く聞かれた。来期の見通し(前年同期比・全業種)は3.2ポイント改善の0.3を見込み、業況は底堅く推移しているものと窺える。

【売上DI】
製造業が6.8ポイント改善の▲2.6となった。前期に引き続き、設備投資が活発であることを受け、電子部品や精密機器を取り扱う企業の売上増加が、DI改善に寄与した。

【企業の声】
<設備投資>半導体製造装置を主体とする設備投資の需要がまだしばらく続きそう。(製造業:電機配線器具)
大手ゼネコン向け販売とネット通販業者向けの販売が好調。(卸売業:建設資材)
<人手不足>引き合い、受注は増加し良好であるが、人手不足のため経費がかさんでいる。(建設業:塗装工事)
<天候不良>10月の長雨により、店頭来客数が伸び悩んだ。(小売業:日本茶)


【付帯調査:外国人旅行者の増加に伴う直接的・間接的影響について】(画像③)
○1年前と比較した外国人旅行者の増加に伴う売上への影響について「売上が伸びている」企業は
4.6%あった。製造業、小売業、サービス業で全業種の割合を上回った。

○外国人旅行者の需要獲得に向け「対応をしている(予定含)」企業は、26.1%となっている。具体的な取組内容は「ホームページ等の多言語対応強化」が54.9%と最も多く、次いで「外国人向けの商品・サービスに関するマーケティング調査・開発」、「人材の確保・育成」、「情報発信の強化」となった。

○外国人旅行者を歓迎する声がある一方、道路標識の多言語化や共通の観光案内表示等について「外国人旅行者目線での対応が必要」、「生活習慣や文化の違い等によるトラブル」等、課題を挙げる声も聞かれた。


画像①
画像②
画像③

東商けいきょう2017年10~12月期集計結果(本文)

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 山本・石村・新家
TEL 03-3283-7643