会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

高レベル放射性廃棄物最終処分に係る文献調査実施に向けた自治体の意思表示について

2020年10月9日
東京商工会議所

 今般、北海道寿都町および神恵内村が、高レベル放射性廃棄物最終処分に向けた  第1段階である文献調査の実施について決定された。関係者のご決断に敬意を表したい。

 現在、世界主要国が地球温暖化・気候変動への対応を加速している中、わが国において、温室効果ガス削減および安定かつ安価な電力供給を実現するには、安全性を最優先させたうえで原子力発電を再稼働させることが急務である。

 原発を推進するにあたっては、高レベル放射性廃棄物の最終処分地の選定を同時並行に進めることが肝要である。

 今次文献調査が適切に実施されることを期待するとともに、今回の調査実施に向けた意思表示を契機に、最終処分に対する理解が全国大で醸成され、各地域においてそれぞれの実情に応じ最終処分に関する議論が進むことを期待する。

以上