会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

第1次菅内閣の発足について

2020年9月16日
東京商工会議所

 本日発足した第1次菅内閣は、安倍前政権の継承とともに改革意欲をうかがわせる布陣であり、歓迎する。

 コロナ禍という世界的災禍にあって、わが国は今、極めて重要なステージに立っている。新内閣におかれては、コロナ禍の長期化で逼迫する国民からの期待と責任の重さを十分に認識いただき、この難局を乗り切っていただきたい。

 目下の最優先課題は感染拡大防止と経済再生との両立であり、その成否がわが国の将来を決めるといっても過言ではない。社会経済活動維持の基礎インフラである検査体制の拡充や医療提供体制の安定化とともに、コロナ禍が長期化する中で必死に事業継続や雇用維持に取り組む中小企業へのより多面的な支援が是非とも必要である。高まる不確実性の中、環境変化に応じた事業変革やデジタル実装を通じた生産性向上への支援、取引適正化の強化を伴う大企業と中小企業との新たな共存共栄関係の構築など、今後の成長と付加価値創出に向けた支援と環境整備には特に力を入れていただきたい。

 また、今般のコロナ禍によって政策運営に係る様々な課題も浮き彫りとなった。新内閣におかれては、安倍政権下での実績ある政策の継承とともに、省庁の枠組みにとらわれない大胆な規制改革や日本全体の生産性を向上させるデジタル行政の推進、都市と地方との「集積と分散」のリバランスによるリスク回避と潜在的コストの低減、不確実性リスクを吸収できる財政運営など、ポスト・コロナを見据えて強く豊かな国づくりを目指す新たな国家運営の基軸を築き、国民が明るい将来展望を描けるよう全力を挙げて取り組んでいただきたい。

以上