東商けいきょう

東商けいきょう イメージ画像

東商けいきょう2020年4~6月期集計結果(中小企業の景況感に関する調査)

2020年6月17日
東京商工会議所
中小企業部

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、東商けいきょう(東京23区内の中小企業の景況感に関する調査)2020年4~6月期の集計結果をとりまとめましたので、お知らせします。

【調査要領】
○調査期間:2020年5月22日~6月1日
○調査対象:東京23区内の中小企業2,726社(回答数:985社(回答率36.1%))
○調査項目:業況、売上、採算(経常利益)、資金繰り、民間金融機関の貸出姿勢
○調査方法:WEB、FAXおよび経営指導員による聴き取り
○従業員規模構成:5人以下:423社(42.9%)、 6~20人以下:244社(24.8%)、21~100人以下:211社(21.4%)、101人以上:107社(10.9%)

【 新型コロナウイルスの影響大きく、東京の景況は大幅に悪化。先行きも慎重な見通し。 】

~東商けいきょうの主なポイント~

○業況DIは前期比▲43.4ポイントの▲70.1となった。2006年4-6月期の調査開始以来、最大の落ち幅・最低の水準となった(これまでは2011年4-6月期の前期比▲17.7ポイントが最大の落ち幅、2009年1-3月期の▲58.2が最低水準)。業種別でみると、建設業を除く4業種で調査開始以来、最も落ち込む水準となった。来期の見通しは2.0ポイント悪化の▲72.1を見込み、引き続き新型コロナウイルスの影響を懸念する声が聞かれた。


~付帯調査「新型コロナウイルスの影響について」~

○新型コロナウイルスにより「影響が生じている」企業は前期比48.8ポイント増の71.3%となり、「長期化すると影響が出る懸念がある」企業と回答した24.6%と合計すると前期比20.8ポイント増の95.9%に達した。また、4月8日~5月6日の期間中に出勤を抑制した割合は、全体の58.1%の企業が「5割未満」と回答した。


※調査結果の解説動画を下記URLよりご覧頂けます。
https://youtu.be/fzECv08JM9c

東商けいきょう2020年4~6月期集計結果(本文)

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
中小企業部
担当 山本・黒田・新家
TEL 03-3283-7643