会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

第二次補正予算成立について

2020年6月12日
東京商工会議所

 家賃支援給付金の創設や支給が進んでいる持続化給付金の積み増しをはじめ、資金繰り支援や雇用調整助成金の拡充、資本性資金による財務基盤強化等が盛り込まれた第二次補正予算の成立を歓迎したい。

 緊急事態宣言が解除され、新たな感染拡大防止を図りつつ、正常化を目指すステージへと移行したが、正常化に至るまでには長期戦を覚悟しなくてはならない。中小・小規模事業者等の多くは、依然として廃業・倒産の危機的な状況に直面しており、困窮する事業者がこの正念場を乗り超え、事業継続できるよう、政府には、さらなる手続きの簡素化等を図り、より一層の執行の迅速化を求めたい。

 今後、正常化に向けて段階的に再開した経済社会活動レベルを落とさず、第2波に備えながら如何に危機を抜け出していけるかが重要となる。人の移動等を進めていくためには、国民の安心感の醸成が不可欠であり、冬期のインフルエンザの流行も見据え、検査体制・医療体制の戦略的な強化・整備が急務である。

 また、コロナ禍を通じて顕在化した日本の強みや弱み等を分析し、わが国が選択すべき将来の姿について、官民の多様な主体による議論を今後深めていくことも必要である。

以上