会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

11カ国によるTPP協定の国会承認について

2018年6月29日
東京商工会議所

 本日、11カ国によるTPP協定の関連法案が参議院本会議において可決・成立し、本協定の国会承認と合わせて、国内の手続きが完了したことを心から歓迎する。
 本協定は、世界各国で保護主義的な動きが見られる中で、自由貿易の価値や意義を国際社会に示すとともに、世界全体のグローバルな貿易・投資のルールづくりを主導する重要な枠組みであり、わが国の中小企業がグローバルな事業展開をする上でも大変有効なものである。今後、参加各国の速やかな批准手続き完了による協定の早期発効を期待する。
 また、交渉を主導したわが国のイニシアティブにより、タイ、インドネシア、韓国など本協定に関心を示している国々への参加を促すことで、本協定をベースとする自由貿易圏がさらに拡大していくことを強く望む。同時に、政府におかれては、国内産業の競争力強化等の関連政策大綱に盛り込まれた施策を着実に実行されたい。
 なお、将来的な米国のTPP協定復帰についても、引き続き粘り強く取り組まれることを期待する。

以上