会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日ロ首脳会談について

平成28年12月16日
東京商工会議所

 今回のプーチン大統領の訪日を機に、日ロ両国の信頼関係の構築がより進展することに期待する。
 ロシアは石油・天然ガス産出量で世界有数のエネルギー大国であり、日本にとっても重要な貿易相手国である。両国首脳の真摯な対話を通じて、日ロ両国の関係が一定の前進をみたことを評価したい。
 隣国である日本とロシアの経済関係はそのポテンシャルに見合ったものとなっていない。天然資源の豊富なロシアと高い技術を持つ日本は相互補完的な経済関係にあり、相互の信頼が深まれば、将来的にウィン・ウィンの関係を築いていくことができよう。もとより、中小企業によるロシアとのビジネスの拡大には、言語や商習慣の違いも含めたビジネス環境上の様々な困難もあり、今後、両国政府のさらなる支援が必要である。
 また、今回の会談で合意した、共同経済活動の具体化に向けた協議の枠組みの設置、査証発給要件の緩和等を通じて、今後ますます経済協力が進展し、近い将来における北方領土問題の解決を含む平和条約締結につながることを期待する。

以上