会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

「菅 第2次改造内閣」の発足について

2011年1月14日
東京商工会議所

 今年は日本経済の再生に向けて勇気ある第一歩を踏み出す年であり、来年度予算の早期成立と執行を図ることはもとより、わが国の将来像を明確にし、新成長戦略を着実に推し進めなければならない。特に、税・財政と社会保障の一体改革と、農業の強化を前提としたTPPを含む経済連携協定の推進に向けて、実行力を具体的に示すことがこの内閣の最大の使命であり、責任でもある。そのための万全の態勢が組まれたと受け止めている。
 菅総理のリーダシップの下、勇気とより強い覚悟を持って諸課題に取り組むとともに、内閣と民主党が一致結束して臨む姿勢を強く打ち出してもらいたい。同時に、「ねじれ国会」においては、野党の対応が極めて重大であることは言うまでもない。与野党が知恵を出し合い、国民本位の政治に徹することを強く望みたい。

以上