会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

TPPシンガポール閣僚会合について

2014年2月25日
東京商工会議所

 シンガポールで開催されたTPP閣僚会合において、多くの分野で進展が見られたものの、大筋合意に至らなかったことは非常に残念である。
 TPPは、わが国経済を再び持続的な成長軌道に乗せる上で必要不可欠な協定である。TPP交渉が漂流することのないよう、全ての交渉参加国が引き続き柔軟性をもって、市場アクセス分野をはじめ残された課題の交渉に注力いただき、可能な限り早期に「包括的で野心的でバランスの取れた」貿易協定の交渉が妥結することを望む。

以上