会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

TPP交渉参加表明について

2013年3月15日
東京商工会議所

 安倍総理は本日、TPP交渉参加を表明したが、日本が交渉できる時間が刻々と少なくなる中で、まさにラストチャンスのこの時期に、英断を下されたことを歓迎したい。
 TPPの枠組みに日本が加わることは、国益に資するだけでなく、世界経済の繁栄にも貢献するものである。
 政府におかれては、TPP担当大臣を中心に盤石な交渉体制を構築し、わが国が可能な限り早期に交渉参加できるよう関係各国との協議を進めていただくと共に、貿易・投資に関する新たなルール作りと市場アクセス改善の両面において国益を最大化するための戦略を早急に策定することが望まれる。
 一方で、交渉参加と同時に、農林水産業への影響を克服するために大胆な規制緩和等を行い、国際競争力強化のための支援策を早期に立案・実行すべきである。

以上