会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日銀の金融緩和の強化について

2013年1月22日
東京商工会議所

 日本商工会議所は、早期の円高是正とデフレ脱却に向けて、政府と日銀が緊密に連携し、共通認識に立ってあらゆる政策を総動員するよう訴え続けてきた。
 景気が後退局面にある中、本日の日銀金融政策決定会合において、政府・日銀が、早期に実現すべき物価安定の目標として前年比上昇率2%を設定し、2014年以降も無期限で金融緩和を継続する方針を打ち出されたことを高く評価する。
 今回の金融緩和措置を含む大胆な金融政策の継続と、成長戦略の策定・実行により市場が創造され、物価の上昇が実現し、企業の生産・設備投資が回復し、雇用増大と賃金上昇により消費が拡大する好循環が生まれることで、持続的な経済成長が実現することを期待したい。
 なお、わが国の貿易赤字や巨額の公債残高などの構造問題を踏まえ、為替水準の急激な変動や長期金利上昇などの副作用にも十分目配りした経済運営をお願いしたい。

以上