会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

平成16年度予算財務省原案について

2003年12月20日
東京商工会議所

  景気の低迷で税収が減り、緊縮予算を組んでさらに景気を冷やすという悪循環を招いてきたのがここ数年の傾向である。少ない財源の中で編成に努力されたことは認めるが、今回もその恐れなしとしない。
 回復の兆しが見え始めた日本経済を自律的な回復軌道に乗せるには、内需拡大が不可欠である。当面は減税と財政支出が支えなければ回復のシナリオが描けない。デフレ克服へ向けた政策投入のチャンスを逃すことのないよう、機動的な経済運営を行ってほしい。

以上