会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

3月の日銀短観について

2004年4月1日
東京商工会議所

  大企業製造業はもとより、全般的に景気が回復に向けた動きを示していることが数字の上で確認できたと思う。ただ、デジタル家電などの好調を除けば、現在の景気は輸出に依存しており、為替動向など不安要因を抱えているのも事実である。相変わらずデフレ状態は継続しているので、まだ警戒感を緩めるわけにはいかない。いま大事なことは、この勢いを地方や中小企業に波及させ、内需主導の着実な回復へ向かうように政策誘導することである。財政金融政策の面でも、民需を押し上げる役割を果たすよう、確かな経済運営を求めたい。

以上