会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

福田内閣官房長官の辞意表明について

2004年5月7日
東京商工会議所

  突然のことで驚いている。国民年金保険料の未納期間があったことで、政治に対する国民の信頼を損なった責任をとられたのだと思う。残念だが、やむを得ない。年金法案を巡って与野党の合意を待って、自ら進退を決した福田さんの政治家としての決断を評価したい。
 内閣官房長官としてよく総理を補佐され、内外の難しい局面を乗り切られた福田さんの功績は誠に大きい。本当によくおつとめいただいたと思う。年金未納・未加入は政治家に限らず大きな問題なので、こうした事態が起きない制度にする必要がある。

以上