会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

「東京オリンピック・パラリンピック2020大会」開催にあたって(三村会頭談話)

2021年7月23日
東京商工会議所

 いよいよわが国で57年ぶりの開催となる東京2020大会が始まろうとしている。世界的コロナ禍に見舞われたことで1年延期とはなったものの、招致活動を含めてこれまで開催実現に向けて努力と準備を重ねてこられたすべての方々に心から敬意を表したい。
我々商工会議所としても、東京への招致決定以降、今大会を契機にわが国が直面する様々な社会的課題に対する挑戦を進め、地域・社会の発展につなげていく「レガシー」の形成を目指し、様々な支援活動を行ってきた。

 今般、東京における緊急事態宣言下での開催に至ったことは、選手や政府関係者はもとより、訪日客を中心に多くの観戦客受け入れを期待していた地域においても、大変残念なことであったと思うが、コロナ禍であればこその大きな開催意義もある。

 特に、コロナ禍での大会運営には全世界が注目しており、全期間を通じた安全・安心な大会の実現と成功は世界に大きな勇気と希望を与え、後世にも受け継がれるレガシーとなる。世界がコロナ禍を見事に乗り越えていく大きな弾みとなっていくことを期待している。

 日本選手をはじめ各国を代表するアスリートにおかれては、これまでの厳しいトレーニングで培った「技」を思う存分に発揮され、最高のパフォーマンスを上げていただくことで、世界中に最高のエールを送っていただきたい。我々も直接スタジアムで応援することは叶わないが、すべての参加選手に心の中から大きな声援を送っていきたい。

 また、本年は東日本大震災から10年という節目の年でもあり、本大会は復興五輪としても位置づけられている。大震災からの復興に際して世界中から寄せられた数々の支援に対する感謝を表す大きな機会になるとともに、本大会が目指す「平和」や「連帯」、「相互理解」といった普遍的価値を全世界で共有できることを願っている。そして本大会が開催地・東京のみならず、日本の大きな魅力発信につながることも強く祈念したい。

以上