会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

改正出入国管理法案の成立について

2018年12月8日
東京商工会議所

 本日、外国人材の新たな受入れ制度の創設が盛り込まれた改正出入国管理法案が参議院本会議で可決・成立したことを高く評価する。
 当所では、深刻な人手不足に苦慮する中小企業の立場から、これまで3回にわたり意見書を策定し、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を積極的に受入れていく必要性を主張してきた。したがって、新たな受入れ制度は、人手不足に苦慮する中小企業が円滑に外国人材を受入れられる有効な制度となるよう強く期待する。また、外国人材がわが国での就労を通じて専門性・技能を遺憾なく発揮し、さらには地域社会での共生を実現するなど、わが国経済・社会基盤の持続可能性の維持・向上に寄与する制度にしなければならない。
 今後、省令・指針など詳細に関する制度設計がなされるが、商工会議所は政府と連携し新たな受入れ制度を幅広く周知していくとともに、引き続き中小企業の実態に基づいた意見・要望活動を展開していく。

以上