会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日銀総裁人事政府案の参院否決について

2008年3月12日
東京商工会議所

 政府案が参院で否決されたのは極めて残念な事態である。武藤さんには、これまで副総裁として中立性を疑わせるような兆候がみられたわけでもなく、所信でも日銀の独立性の確保を明確に述べられた。ねじれ国会とはいえ、総裁任期の満了が目前に迫っている時期である。世界経済が不透明感を増し、日本経済も課題が山積しているときだけに、非常に心配である。
 万一日銀総裁に空白が生じることになれば、日本に対する国際的信頼を著しく損ない、内外の市場への影響も計り知れない。いま日本が置かれた立場を踏まえれば、もはや不毛な議論に終始している時間はない。与野党とも、事態の打開へ向けて真摯に話し合い、結着をすべきときである。

以上