会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

菅改造内閣の発足について

2010年9月17日
東京商工会議所

 菅改造内閣が、代表選後に速やかに発足したことは良かったと思う。この内閣が第一に求められるのは、難局を打開するためのスピード感ある政策の実行力と、国民が実感できる具体的な成果である。もはや一刻の猶予も許されない状況であることを、あらためて強く認識してもらいたい。
 内閣のみならず政権政党である民主党が、現下の経済情勢に対する危機感を共有し、菅総理の下で一丸となり、不退転の決意と覚悟を持って強い経済の実現に邁進されることを熱望する。大いにご期待申しあげたい。

以上