会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

日本銀行総裁人事の国会同意について

平成30年3月16日
東京商工会議所

 政府が提示した日本銀行総裁人事案が、国会において同意されたことを歓迎する。
再任された黒田総裁は、就任直後にデフレからの早期脱却と持続的な経済成長に向けて大胆な量的・質的金融緩和を断行して以来、異次元の金融政策の舵取りを行ってきており、グローバル社会の中で金融政策を担う日銀トップにふさわしい方である。
 アベノミクスの成果により、我が国経済は総じて緩やかに改善し、もはやデフレではない状況に達したと言える。政府・日銀には、デフレという危機的な経済状況への対処とは異なる新しいアベノミクスに向けて、市場との対話をこれまで以上に進めつつ、潜在成長率を高めるサプライサイド政策に軸足を置いた機動的な金融政策を望む。

以上