会頭コメント

会頭コメント イメージ画像

安倍総理大臣の辞任表明について

2020年8月28日
東京商工会議所

 安倍総理の突然の辞任表明は正直、驚きであった。しかし、体調問題で国政に支障を与えるべきではないとのご本人の慎重な熟慮にもとづくご決断であり、残念であるが止むを得ない。

 安倍総理は、第二次政権発足当初より、日本経済の長期にわたる閉塞感を打開すべく経済最優先を掲げ、「危機突破内閣」として「アベノミクス」に全力で取り組み、経済再生、デフレ脱却実現に至る大きな道筋をつけた。その功績には極めて大きなものがある。また、混迷する国際情勢の中、外交面では日本の立場をぶれずに主張しながら、国際的な橋渡し役として重要な役割を果たし内外の高い評価を受けた。

 まずもって、総理のこれまでのご苦労に対する労いとともに、多大なる功績に対して心から感謝を申し上げたい。1日でも早く万全な体調に回復され、元気なお姿を見せていただくことを願うばかりである。

 新型コロナウィルスを克服し、わが国が一流国として存在し続けるために、現在は極めて重要な時期である。与党におかれては早急に万全な新体制を固め、国家の難局を乗り越えられるよう、引き続き全力を尽くしていただきたい。

以上