東京商工会議所足立支部では、足立区に新たなご当地グルメを誕生させ、地域活性化をめざす『足立区新ご当地グルメ創造プロジェクト』事業を実施しています。
このたびプロジェクトの一環として、足立区の特産品である小松菜を使った『あだち菜うどん』(アダチナウドン)を商品化しました。

※足立区には多くの小松菜生産農家があります
<あだち菜うどんの解説>
“あだち菜”とは、足立区内の農家で生産される小松菜のことを指します。地元特産品の知名度向上と、ブランド化をめざし、命名したものです。
生の小松菜をミキサーでジュースにしたものを小麦粉を混ぜ合わせて麺にしています。製造はすべて足立区の製麺工場で行っています。
小松菜の色あざやかさと、独特な触感が楽しめ、かつ栄養豊富なうどんです。

食べ方は基本的に“つけうどん”タイプになります。東京の郷土料理である“武蔵野うどん”風のスタイルをイメージしています。

東京都主催「第3回都内産農林水産物を使用した料理コンクール」(平成24年11月)で、グランプリにあたる最優秀賞を獲得しました(出品時の仮称は「あだち肉うどん」)

うどん天下一決定戦2014」(平成26年8月)で、評価部門第8位入賞しました。

↓↓↓「足立菜うどん」が食べられるお店↓↓↓

  

『あだち菜うどん学会(※)』 公式ホームページ をご覧ください

あだち菜うどん学会」とは?
あだち菜うどんの普及を軸とした地域振興をめざし、足立区の事業者たちによって設立された自主運営の非営利組織です。

東商に入会する7大メリット!入会案内ページへ

足立支部連絡先

【住所】
〒120-0034 足立区千住1-5-7 あだち産業センター4F

【TEL】03-3881-9200

【FAX】03-3882-9574

【営業時間】平日 9:00~17:00

お問い合わせ アクセスマップ

マル経融資

足立菜うどん

あだちメッセ