支部概要

設立、分科会

  • 設  立   昭和49年2月1日
  • 分科会   小売・飲食、卸売、工業、建設・不動産、金融、交通運輸、情報・サービス、地域振興

主な役員企業

支部役職
氏名
会社名
会社役職
会長
大場 信秀
世田谷信用金庫
理事長
副会長
(8名)
桑島 俊彦
(株)新生堂
社長
田畑 日出男
いであ(株)
会長
石川 和夫
用賀運送(株)
会長
井上 治三郎
(株)井上香料製造所
社長
神保 和彦
昭和信用金庫
理事長
飯野 光彦
東洋ドライルーブ(株)
社長
石田 彌
利惠産業(株)
社長
島田 成年
シマダハウス株式会社
代表取締役社長
小売・飲食
本杉 香
ユニオン商事(株)
社長
卸売
阿部 友太郎
(株)アベコー
社長
工業
片平 三郎
山元オブラート株式会社
代表取締役社長
建設・不動産
福島 惠二郎
福島不動産(株)
社長
金融
神保 和彦
昭和信用金庫
理事長
交通運輸
種子田 清志
大賀運輸(株)
代表取締役
情報・サービス
松林 久行
(株)大成出版社
社長
地域振興
菱田 菊雄
(株)菱田住宅相談所
社長

支部の組織図

世田谷支部組織図

特色ある支部活動

シナジースキーム事業

平成21年度より「農商工連携による"せたがやそだち"ブランドアップ事業」に着手し、今年度は3年目。"せたがやそだち"を使ったメニューを提供している区内飲食店を紹介する「せたがやそだちBOOK」を11月に発行しました。

就労支援事業

学校卒業後未就職になっている若年者の就職を支援するため、区との共催で「せたがや若年者・中小企業マッチングプログラム」を国の緊急雇用対策基金を活用し実施。新規学卒未就職者を株式会社パソナが契約社員として雇用し、教育訓練や区内企業での就業実習を行い、働きながら知識や技術の習得を図り、実習後の就職を目指しました。

障害者就労支援に関する事業

世田谷支部、世田谷区、東京青年会議所世田谷区委員会、東京都立青鳥特別支援学校を中心とした「世田谷区障害者雇用促進協議会」で、10月25日に、障害者就労支援に関するイベントを開催しました。また、障害者による商店街の落書き消し事業や、スターバックスのチャレンジパートナー(障害者スタッフ)や障害者支援情報センターを中心とした、せたがや未来博への出店なども実施しました。

景況調査の実施およびせたがやエコノミックスの発行

景況調査を四半期ごとに実施し、調査結果の報告を含めた経済情報紙「せたがやエコノミックス」を年4回、各4,000部発行しています。創刊は平成18年度で世田谷区との共同発行。昨年度から世田谷区産業振興公社が加わり、3者での共同発行となっています。

環境となり組事業

環境経営の講習会、エコ検定対策講座、ビルの省エネ研修会(6月、11月)等を実施。

区内商店街の一般廃棄物夜間収集についての研究会

加入促進のパンフレットを作成し、商店街に配布。昨年、収集先数が立ち上げ当初目標とした1000件を超え、今年10月末現在で1127件に達しました。

ビジネス交流会

区内2信用金庫や近隣支部(渋谷・目黒)のそれぞれと共催でビジネス交流会を実施し、会員企業のビジネスチャンスの創出を図っています。