東商の活動

プレスリリースセミナーを開催しました

平成27年9月15日
東京商工会議所
広報部

広沢氏
広沢氏

都築氏
都築氏

 東京商工会議所広報部は9月15日、「プレスリリースセミナー~メディアに近づくための広報・PRの基本を学ぶ~」を共同通信PRワイヤーと共同で開催し、約140人が参加しました。

 第1部では、共同通信PRワイヤー取締役の広沢敏正氏が登壇し、「広報の役割とプレスリリース」と題し講演。広沢氏は、プレスリリースについて「商品やサービスなどメディア(記者)に取材してもらいたい情報をわかりやすく文章化したもの」と説明した上で、記者の取材意欲をかき立てるためのポイントとして「ニュース性や独自性、読者・視聴者の共感などがタイトルと書き出しを読んで想起されるかが重要だ」と指摘し、多数の事例を紹介しました。また、ケーススタディでは、重要な要素から順番に書く「逆三角形」の文章構成など、リリースの書き方のポイントを確認しました。

 第2部では、「会員企業によるプレスリリースの活用事例」と題し、ダイヤコーポレーション販売戦略室室長の都築邦雄氏が登壇しました。都筑氏は、ゴルフ用品や家庭用品等を製造する自社のプレスリリースの活用事例を紹介しました。リリースを出し実際にテレビ番組で取り上げられた事例を挙げながら、「ニュースリリースは社内外においての自社の代弁者を作るための手段だ」と述べました。
 参加者からは「記者の視点がよくわかり、今後のリリース作成の参考にしたい」「消費者ではなくメディアの目線で考えることが重要だと実感できた」といった感想がありました。

以上

【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所