東商の活動

トップスリートのための就職支援「アスナビ」説明会を開催しました

平成26年10月29日
東京商工会議所
地域振興部

開会の挨拶をする後藤委員長
開会の挨拶をする後藤委員長

トップアスリートによるプレゼンテーション
トップアスリートによるプレゼンテーション

懇談会の様子
懇談会の様子

 東京商工会議所は、JOC日本オリンピック委員会との共催で、10月29日にトップスリートのための就職支援「アスナビ」説明会を開催し、76社110名の方が参加しました。
 

 「アスナビ」は、世界を目指す現役トップアスリートの就職支援ナビゲーションで、競技活動に専念できる環境を整えるために、企業からの支援・採用を望むトップアスリートと、採用を検討する企業側。双方にメリットがある、有益なマッチングを実現させることを目的としております。今回は、この制度を多くの企業に理解していただき、雇用による支援を目的に開催しました。

 東京商工会議所健康づくり・スポーツ振興委員会の後藤委員長とJOC日本オリンピック委員会の竹田恆和会長は挨拶の中で、「企業からのアスリートへの支援は不可欠です。」と参加の会員企業に協力をお願いしました。

 次に、オリンピック金メダリストの荻原健司様は、ご自身の所属する北野建設(株)の実例を紹介しながら、アスリートに熱いメッセージを送りました。

 また、実際にアスナビ制度による採用事例の紹介では、(株)フォーバルの 執行役員 人事部長の川口浩二様から、採用に至る経緯や採用後の企業におけるメリット、会社内での活躍ぶりなど具体的なお話をいただきました。

 説明会の最後には、6名のトップアスリートが、それぞれプレゼンテーションを行い、自身の競技にかける思いや、長所を訴え、各企業に熱のこもったアピールを行いました。

 説明会後には、自由懇談会の場を設け、アスリートの皆様と採用に関心のある企業の方々と積極的に意見を交換しました。

 東京商工会議所は、今後も継続してアスナビ説明会を実施する予定です。

 
今回、登壇した就職希望のトップアスリート

瀧口 陽平選手(水泳・競泳)
一丸 尚伍選手(自転車競技・トラック)
宇山  賢選手(フェンシング・エペ)
大西 富士子選手(セーリング・ウインドサーフィン)
小黒 義明選手(スケート・ショートトラック)
柿崎 史穂選手(カヌー・スプリント) ※ビデオメッセージ

以上

【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所
地域振興部
担当 矢吹、杉崎
TEL 03-3283-7866
FAX 03-3283-7633