CARRIER

キャリアプラン・研修制度

キャリアプラン

入所後10年程度は『ジョブ・ローテーション』を基本とし、概ね3年を目安に、資質・適性・能力・本人の希望を踏まえ、経営支援部門・政策部門・事業部門・国際部門・総務・管理部門など、幅広い業務を経験していただきます。その後は、さらに業務実績・期待値・将来性も踏まえ、総合的に勘案し配置を行います。

役割に応じた等級制度を設けています。各等級の役割を相応以上果たした際に、等級が上がる仕組みとなっています。新入職員(総合職)は8級から始まります。

公的資格取得支援制度

業務遂行上、必要と思われる公的資格・検定試験等の取得について、
受験料や対策講座の受講料補助、合格祝金を取得するものです。

主な対象資格・検定試験

  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • 日商簿記検定試験
  • TOEIC
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • ビジネス実務法務検定試験

研修制度

職員のキャリアアップを促すため、各種研修制度を設けています。

階層別研修

各階層における等級の役割を果たすべく、能力向上を図ることを目的とした集合型の研修を行っています。

新入職員研修
今後のキャリアビジョンや、人生の捉え方など、ワークやアクティビティを交えながら学びます
若手職員研修(7級職)
担当事業における課題・ニーズの発掘や主体的な行動の方法等について学びます
中堅職員研修(6級職)
責任を果たす役割やリーダーシップを発揮する方法等について学びます
指導職研修(4・5級職)
組織の中核を担う役割や課題解決・後輩の指導等について学びます
管理職研修(3級職)
管理職として、事業・組織のマネジメントを行う立場の考え方や部下の指導・育成等について学びます

部署別研修

業務の必要に応じて、各職員が外部研修等に参加できるもの。一定の範囲内で受講料を補助します。 

その他研修

中小企業大学校研修、経営指導員等研修、各地商工会議所研修、など、業務特性に応じて研修を実施します。