Q&A

よくあるご質問

有利な学部はありますか?
法学部、経済学部、商学部、経営学部など、ビジネス系の学部出身者が多いのは事実ですが、経済・経営・ビジネスに興味をお持ちであれば、学部・学科は問いません。
配属希望はどの程度聞き入れてもらえますか?
配属希望を伝える方法としては、『自己申告書』制度があります。その年度の振り返りと、今後の業務に関しての希望やキャリアプランなどを『自己申告書』として、年1回提出することになっています。提出された『自己申告書』が人事異動検討の際の判断材料の1つとなります。
大学院生も受験できますか?
受験できます。学部卒・院卒による有利・不利はありません。
説明会に参加しないとエントリーはできないですか?
説明会に参加できなくてもエントリーはできます。説明会では東商の事業内容について詳しく説明をしますので、エントリーを考えている方は是非積極的に参加いただけると嬉しいです。
東京都出身者のほうが有利ですか?
出身地による有利・不利はありません。地方出身者も在籍しております。
OB・OG訪問を受けるにはどうすればいいですか?
総務統括部人事課採用担当までご連絡ください。※選考開始後のOB・OG訪問はお断りしております。
連絡先は、TEL 03-3283-7541 E-mail saiyo@tokyo-cci.or.jpです。
プライベートでの職員同士の交流はありますか?
年齢・階層を問わずに、スポーツや懇親会等を通して、職員同士の交流は活発に行われております。また、他商工会議所職員との交流の機会もあります。
説明会やインターンシップに参加しないと選考で不利になりますか?
説明会・インターンシップの参加回数や参加有無が、選考において有利不利となることはありません。
勤務地に(ジャカルタ・ハノイ・上海・サンパウロ)とありますが、海外で働くことはありますか?
基本的には東京23区内での勤務となります。一定の経験を積んだ職員の中で、適性・希望等を考慮し、少数ですが、海外勤務の可能性があります。
他の会社や団体に出向などはありますか?
入所して若手のうちに出向などはほぼありません。一定の経験を積んだ職員の中で、適性・希望等を考慮し、少数ですが、関係する会社・団体へ出向するケースはあります。
(※東京商工会議所の概要「関連会社・団体」をご参照ください)
職場内の雰囲気や環境を教えてください。
若手の職員でも積極的にチャレンジする姿勢を大切にしています。上司や先輩に対しても、自由闊達に意見や考えが言える雰囲気・環境にあります。
結婚・出産しても仕事を続けられますか?育児休業はありますか?
もちろん続けられます。出産のための休暇および育児のための休業については、規則で定められている制度を利用することで仕事を続けられます。
東商では女性の育児休業の取得率はほぼ100%であり、男性についても、徐々に育児休業を取る職員が出ています。性別に関係なく、ライフステージと仕事を両立し、長く東商で仕事をしていただくために、各種休暇制度や福利厚生の充実を図っています。
必要な資格はありますか?
入所にあたり必須の資格はありませんが、入所前・入所後に日商簿記検定試験やビジネス実務法務検定試験、中小企業診断士などを取得して、業務のために自己研鑽をしている職員も多くいます。
(※キャリアプラン・研修制度の「公的資格取得支援制度」をご参照ください)