東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

牛嶋神社 5年に一度の大祭

お祭り・伝統文化

  • 墨田区内の氏子町を2日間かけて巡行する神牛と鳳輦(ほうれん)

    墨田区内の氏子町を2日間かけて巡行する神牛と鳳輦(ほうれん)

  • 墨田区内の氏子町を2日間かけて巡行する神牛と鳳輦(ほうれん)

    墨田区内の氏子町を2日間かけて巡行する神牛と鳳輦(ほうれん)

貞観二年(860年)により創建された歴史のある神社です。昔、隅田川に沿う旧本所一帯の土地を、「牛嶋」と呼んでいたことから、その鎮守として牛嶋神社と称したとのことです。源頼朝にも縁のある神社として知られています。江戸時代には、鬼門守護の神社として、将軍家の熱い崇敬を受けていました。
五年に一度の大祭では、今日では珍しく、黒雄和牛が神牛となって、鳳輦(ほうれん)といわれる牛車を中心とする古式豊かな行列が、5年に一度、氏子四十九町を9月15日、16日と2日間かけて安泰祈願で巡行します。9月17日には、町内の神輿が牛嶋神社に集結します。
今年の大祭は神牛が引く鳳輦にGPSを取り付け、位置情報を墨田区観光協会のホームページ上で公開予定です。(9月15日、16日当日のみ公開)
墨田区観光協会ホームページ URL http://visit-sumida.jp/

ご案内

住所 墨田区向島1-4-5
交通アクセス 都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩15分、東武鉄道伊勢崎線とうきょうスカイツリー駅より徒歩15分
電話 03-3622-0973
Webサイト http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/sumida/5692