消費税率引上げ・軽減税率制度導入対策

消費税率引上げ・軽減税率制度導入対策

平成31年10月に、消費税率10%への引上げ、および税率の一部を8%に据え置く軽減税率制度が導入されます。
消費税率の引上げにより、消費マインドの冷え込みや競合他社との価格競争が激化することに加え、軽減税率制度の導入で経理処理等の事務作業の増加という、事業者にとって新たな負担が発生します。
自社への影響を確認して、必要な対策について計画的に取り組みましょう。

税率10%引上げ・軽減税率制度導入による自社の経営への影響を確認し、計画的に準備に取り掛かりましょう。

必要な対策をフローチャートで確認

軽減税率制度はすべての事業者の経営に影響があります。必要な対策をフローチャートで確認しましょう。

必要な対策をフローチャートで確認

  1. 特に影響が大きいと思われる業種

    軽減税率対象品目と標準税率対象品目を両方取り扱っている事業者は販売の際の税率確認などが必要になるため、特に注意が必要です。

    • 小売業

      • イートインスペースのあるパン屋、お酒を売っている弁当屋、食品・雑貨を扱うスーパーなど
    • 飲食業

      • 出前を行っているそば屋、お土産のある寿司屋、テイクアウトを行っている牛丼屋など

    自社で取り扱っている商品を整理し、軽減税率の対象となるのか再確認が必要です。

セミナー・講習会等

消費税引上げに伴う経営課題に関するセミナーや、軽減税率対策に関するセミナーを本部・支部で
開催しています。