ニュースリリース

ニュースリリース イメージ画像

「あらかわ 名所浮世絵 銘店めぐり」の発行について

-江戸時代の浮世絵に描かれた“あらかわ” の名所と、銘店等を紹介するガイドブック-

2018年3月14日
東京商工会議所
荒川支部

東京商工会議所荒川支部(会長:富永新三郎・㈱新吉社長)は、区内の名所浮世絵とともに銘店を紹介する外国人向けのガイドブック「あらかわ 名所浮世絵 銘店めぐり」をはじめて発行し、3月15日から日暮里観光案内所等での配布(無料)を開始します。

本冊子は、江戸時代の浮世絵に描かれている区内の名所を、現在の写真とともに当時の様子を英語(日本語併記)で紹介し、そのエリアの銘店(飲食店等)を掲載した外国人向けのガイドブック(マップ付)です。

「町屋・日暮里・三河島」版と、「南千住・汐入・三ノ輪」版の2種類を作成しました。例えば、南千住エリアでは、歌川広重の「名所江戸百景・千住の大はし」に描かれている千住大橋と、江戸の玄関口として賑わっていたエピソード、近隣の飲食店等を紹介しています。本冊子で掲載している店舗は、鮨やラーメン等の日本食や、区内に集積するもんじゃ店(「あらかわもんじゃ」)などです。

訪日外国人が浮世絵に残る区内名所や銘店を巡り、あらかわの文化・食を楽しんでいただくために作成したもので、裏表紙には外国人が店舗で指を指して会話できる英語のシートを掲載しています。日暮里観光案内所の他、当支部窓口等で配布し、3月下旬にはウェブサイトも開設します。

■ガイドブック概要

■冊 子
「あらかわ 名所浮世絵 銘店めぐり」(発行:東京商工会議所 荒川支部(2018年3月))
①「町屋・日暮里・三河島」版、②「南千住・汐入・三ノ輪」版

■仕 様
①・②とも、A5版・全24ページ(各4千部発行)※言語:英語・日本語(併記)

■配 付
日暮里観光案内所、当支部窓口、訪日外国人が多い宿泊施設等で無料配布
※ウェブサイトは3月下旬公開予定(スマートフォン対応)(http://www.tokyo-cci.or.jp/arakawa/groumet_map)

■内 容
○浮世絵による区内名所紹介
歌川広重「名所江戸百景」、暁斎豊二「東京開花名所」、北斎「富嶽三十六景」等の15枚掲載

○区内の銘店紹介
鮨、ラーメン、そば、居酒屋、もんじゃ店など84店舗

「あらかわ 名所浮世絵 銘店めぐり」ポスター

「あらかわ 名所浮世絵 銘店めぐり」ポスター

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
荒川支部
TEL 03-3803-0538