ニュースリリース

ニュースリリース イメージ画像

企業向け新型コロナウイルス対策情報   第66回 

2022年4月22日
東京商工会議所

東京商工会議所では、新型コロナウイルスが感染拡大する中、企業での対策に活用できる情報として、産業医有志グループ(※)より提供される「企業向け新型コロナウィルス対策情報」を配信(不定期)しております。

本対策情報は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)が作成し、和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。詳細は本ページ下部の「文責」をご覧ください。

健康経営倶楽部マガジン臨時号          2022/04/22
               東京商工会議所 ビジネス交流部
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆
    企業向け新型コロナウイルス対策情報
 第66回 年度の変わり目の感染拡大防止~リバウンドを防ぐために~
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

※健康経営倶楽部マガジンの臨時号として、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、
企業での取り組みに活用できる情報を、ご登録の皆様に不定期に配信しています。

経営者・総務人事担当者のみなさま、年明けから実施されていたまん延防止等
重点措置が3/21に解除されました。例年、人の移動、会食の多い、
年度の変わり目に感染者が再び増加してリバウンドしてしまわないよう対策が必要です。

1.課題の背景:
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されると、BA.2系統への置き換わりが進んでおり、
新規感染者数の減少スピードが鈍化するなど下げ止まりやリバウンドの懸念があります。
新年度には、人事異動に伴う会食や社内研修も多くなり感染再燃の原因になりえます。
オミクロン株は伝播性が高いため、新規感染者数の継続的な増加が起こらないよう、
感染リスクの低減(特にリスクの高い状況を避ける)に努める必要があります。

2.企業でできる対策
〇感染リスクが高い行動には引き続き注意するよう促す
○どうしても会食を行う時は感染対策を徹底する
〇研修時の感染対策を徹底する
○ワクチン未接種者、3回目接種者への情報提供の再強化

1)感染リスクが高い行動には引き続き注意するよう促す
□以下の表を参考に、感染リスクが高い行動は控えるよう促す。
□感染リスクが高い行動は、その必然性を十分検討させる。

参考①

2)どうしても会食をする場合は、以下のことを守るよう従業員に促しましょう。
家族や同居人以外との会食は1)の表ではリスクが高い行動の一つですが、
どうしても会食を行う時は感染対策を徹底する

□少人数、短時間にする
□会話の際はマスクを着用し、大声での会話を避ける
□家族や同居人以外と会食する場合は4人までとし、様々な人と、頻繁に会食することは避ける
□「飲食店を選ぶ際のポイント(※)」を行っている店舗を選ぶ
□のどが痛い、咳が出るというような体調不良が少しでもある場合は会食への出席を取りやめる

※【飲食店を選ぶ際のポイント】(参考情報2)
Ⅰ.座席の間隔(目安1~2m)を確保(またはアクリル板などパーティションの設置)
Ⅱ.食事中以外のマスク着用の推奨
Ⅲ.手指消毒の徹底(消毒液を出入口、トイレなどに設置している)
Ⅳ.店内の換気の徹底(二酸化炭素濃度1,000ppm以下)
Ⅴ. 感染対策実施認証を受けている

3)社内研修時の感染対策を徹底する
社内研修もやり方によって感染リスクが高い行動となります。
以下の要点に注意して開催方法を検討しましょう。
(詳細は過去の配信内容を参照 参考情報3)
□3密を回避できるよう開催方法を計画する。
□体調不良の参加者がいないことを確実にする。
□会話を最小限に、マスク着用、手洗い励行を参加者に実施させる。
□会場の換気・保湿と消毒を行う。

4)ワクチン未接種者、3回目接種者への情報提供の再強化
新規感染の中心が3回目のワクチン接種率の比較的低い20-30歳代にシフトしてきています。
ワクチン接種の重要性を認識してもらうため、ワクチンについての情報提供を再強化しましょう。
(過去配信内容を参照 参考情報5-7)
□ワクチン初回接種(1・2回目)のみでは、感染予防効果が半年後にはほとんど
なくなってしまうこと。追加接種(3回目)により感染予防効果を取り戻す
ことができることを情報提供する。
□追加接種でも副反応の頻度は初回接種と大きく変わらないかやや少ないことを情報提供する。
□初回接種とは異なるワクチン追加接種で使用(交互接種)しても、得られる効果に差はないことを情報提供する。

【文責】守田 祐作(産業医科大学 健康開発科学)
※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。
和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

OHサポート株式会社(代表/産業医 今井 鉄平)では、経営者・総務担当者向けに必要な感染拡大防止策情報を随時配信しています。本情報は著作権フリーですので、ぜひお知り合いの経営者に拡散をお願いします。

また、動画配信も行っております。参考情報リンク参照。

※本情報配信に関するご意見・ご要望は、こちらまでお寄せください。
covid-19@ohsupports.com

※これまでに配信しましたバックナンバーは、参考情報リンク参照。

以上
【本件担当・問い合わせ先】

東京商工会議所
ビジネス交流部 会員交流センター