中小企業施策 アイコン画像

中小企業施策

中小企業施策 イメージ画像

職場における熱中症予防対策の徹底について(東京労働局)

2019年6月12日
東京労働局

 昨年東京労働局管内では、4年ぶりに熱中症による死亡災害が発生し、4人の方が亡くなりました。死亡災害の発生状況をみると、建設業などの屋外作業のほか、製造業の屋内作業でも発生しており、これらの中には熱中症になった労働者の発見や救急搬送が遅れたなど、職場における熱中症予防対策が十分に浸透していなかったと思われる事例がありました。
 このような状況をふまえ、重篤な災害の防止徹底を図るため、会員企業各社におかれましては、以下にご留意くださいますよう、お願いいたします。
 1.事業場における暑さ指数(WBGT)値を把握し、適切な作業計画をたてるとともに暑さ指数の低減につとめること
 2.熱中症の症状や予防方法、緊急時の救急処置等について、日々の朝礼等の機会をとらえて繰り返し教育すること
 3.労働者の熱中症の発症に備えて、予め病院・診療所等の所在地及び連絡先を把握するとともに、緊急連絡網を作成し関係者に周知すること

以上