歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

優秀賞:芝園開発株式会社|第12回選考結果

代表取締役
海老沼 孝二
所在地
東京都足立区綾瀬
資本金
6,300万円
従業員数
20名(パート・アルバイト除く)
創業
昭和61年
事業の概要
放置自転車問題を解決する国内初の「時間貸駐輪場システム」の開発

授賞理由

  • 大きな社会問題となっていた地元駅前の放置自転車問題を解決するために、不特定利用者・短時間利用者のニーズを満たす、国内初の「無人機械式時間貸駐輪場システム」を開発したこと。
  • 主力の駐車場業に参入事業者が激増し、過当競争に巻き込まれても、駐輪場管理の経験を基に、独自のクラウド型施設統合管理システムを開発し、高度なIT経営を実現、過当競争をいち早く抜け出すことに成功したこと。

企業紹介

 昭和30年代、道路建設や公園整備など街を良くする建設業は、皆から感謝される仕事だったが、世間の様子が変わり、建設するだけで感謝される時代は終わってしまう。昔のように感謝される仕事がしたいと、社長は業種転換を模索していた。
 昭和50年代になると、増え続ける放置自転車が路上に溢れ、駅前の景観を台無しにし、高齢者やベビーカーが危険に晒されるなど、大きな社会問題となっていた。対策として、取締りは強化されたが、放置自転車の数は殆ど減らず、予算に限りのある行政には、頭の痛い問題だった。
 実地調査をしてみると、自転車を放置するのは女性が多く、放置時間も短時間であることが分かった。「放置したくて放置している訳じゃない」と嘆き、他に手立てがなくて困っている住民の本音を知る。この時、潜在的ニーズがあると直感した社長は、国内で初の“新しい駐輪場”の開発を思いつく。不定期の利用者や短時間の利用者のニーズを満たす無人で機械式の「時間貸駐輪場システム」の誕生である。現在、この時間貸駐輪場システムは、東京・埼玉・千葉など110カ所以上に設置され、高い稼働率を誇り、同時に放置自転車問題の解消に大いに貢献している。
 平成18年の道交法改正により、同社の主力だった駐車場業は、参入事業者が激増し、過当競争に巻き込まれて赤字に転落してしまう。そこで、駐輪・駐車場管理を進化させ、施設毎の稼働率や従業員自らが足で稼いだ情報等の統合を進めた。さらに、会計と管理のリアルタイム連携、手間のかかるクレーム対応の可視化など、全く新しいクラウド型の施設統合管理システム「SHIP」を開発、高度なIT経営によって営業力を強化し、過当競争をいち早く抜け出すことに成功する。
 「無人の時間貸駐輪場なんて、だれも利用しないわよ。自転車の墓場になるだけ」と、時間貸駐輪場の開発に反対していた妻も、今は利用者の一人。「こういう駐輪場があって良かった」と地元住民に感謝される、こんな仕事がしたかったと社長は振り返る。売り手よし、買い手よし、世間よしの三方良しを実現するため、同社の挑戦はこれからも続く。

現在のサイクルコインパーキング時間貸駐輪場

公共駐輪場の再整備事業も手掛ける


同社独自の駐車場・駐輪場統合管理システム「SHIP」

喜びの声

 当社施設を利用してくださる多くのお客様、支えてくれた取引先の皆さまがあってこその受賞であり、感謝したいと思います。そして、苦しい時期をともに乗り越え、これまで一生懸命に取り組んできてくれた従業員と、この受賞の喜びを分かち合えることを何よりも嬉しく思います。いまや生活に欠かせない時間貸駐輪場システムが、全国に普及していることを誇りに、今後も、より一層社業の発展に邁進する所存です。

(芝園開発株式会社/海老沼 孝二 社長)

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644